去る5/23(土曜)に、日本橋蛎殻町にあります 和食「花見月」さんにてランチワイン会を催しました。
花見月さん、実は弊社のご近所さんなのです。
店内はカウンターのみとなっており、8名様限定の募集でしたが、
ご参加いただいた皆様に大変喜んで頂けました。


日本橋 花見月(はなみづき)
場 所: 東京都中央区日本橋蛎殻町1-17-2 
03-5847-0010 
http://www.hanamiduki.info/ 
形 式: 着席(カウンター席)  
定 員: 8名 
参加費: 8,000円(サービス料、消費税込) 



先付替わり
海老と生麩の豆乳蒸し
天豆 溶けるチーズ

前菜
蛸の柔らか煮
蛍烏賊の酢味噌和え 独活
クリームチーズ西京漬け
焼パプリカアンチョビ掛け
小肌の手鞠寿し 木の芽


造里
鯛の松皮作り 帆立の炙り
梅肉ソース 千切り大葉


焼物
銀鱈の西京焼き
新らっきょ酢漬け 富貴青煮


炊き合わせ
合鴨葛煮 里芋白煮
自家製凍み豆腐 絹さや



強肴
一口ステーキ アスパラソテー
黄身卸し ベビーリーフ
バルサミコドレッシング

サラダ
アボガドポテトサラダ射込み
トマトジュレ 新玉葱

食事
水雲雑炊 三つ葉 胡麻 生姜

ワインのテーマは「島ワイン」

季節のお野菜、魚介に合わせて今回セレクトしたのは
シチリア島やサルデーニャ島の通称「島ワイン」です。
イタリア料理でもポピュラーなアンチョビの味付けが、
塩みをかんじる島の白ワインととてもよくマッチしました。

ワインとの接点は"木の芽"

白ワインは3種類あり、お客様自らがお料理とどれが合うかを比較して楽しんで頂きました。
フレッシュ感がありハーブの香りを感じられる白ワイン"クエ"がマリアージュする!という意見が多かったように思います。
手鞠寿しにそえられた木の芽の香りがポイントです。

女性にも好評

驚くほど品数が多いコースでしたが、

味付けが上品で油の少ない和食は
女性やご年配の方にも最後までお楽しみ頂けたようです。

目にも美味しい、料理のライブ感。

カウンターを挟んですぐそこで調理されるライブ感は、花見月さんの魅力の一つ。
肉の焦げる香ばしい匂い、出来立ての料理が目前で湯気をたてる様は、思わず身を乗り出して見入ってしまいます。

大将の"語り"に聞き惚れて

国内外の様々なお店で経験を積まれた大将は、料理のストーリーを語らせたら独壇場です。

ワインも料理もストーリーを知ることで、より一層美味しさを感じられるとあらためて実感しました。

赤ワイン"タリア"はお肉で

美味しい和牛はシンプルなステーキで。
ステーキに合わせたタリアは、ラズベリーやストロベリー、黄桃の繊細で華やかな香り。エレガントな味わいの中にも厚みが感じられるワインです。

レストラン等料飲店の皆様へ

イタリアで現役ソムリエを務める林基就が、日本で活躍されるプロフェッショナルの方々をサポート致します。
現地の最新トレンドを捉えたワインセレクション、造り手の情熱がダイレクトに伝わる情報提供を通じ、日本でイタリアを体現される方々を全面的にバックアップします。
ワインリスト作成、ワインフェア企画、コラボレーションイベント等、何なりとご相談ください。

また、イタリアの生産者より直輸入したワインを自社にて管理・発送しております。

詳細は、AISソムリエ資格を持つ営業スタッフがご提案させて頂きます。電話・メールにてお問合せください。

お問合せの際、貴店名・お名前・メールアドレス・
ご住所・お電話番号・FAX番号などお申し付けください。

PAGETOP